おりものが臭い方にはコチラの対策|最適ケア商品

おりものが臭い方にはコチラの対策で。最適ケア商品で解消しましょう。
MENU

おりものが臭い方にはコチラの対策

おりものは女性には避けられない自然現象と言え、おりもの自体は必要なのです。
それは膣内で潤滑油のような役割も果たしますし、膣内をきれいにするためでもあります。
しかし、おりものが臭う時には何らかの原因がありますから、
それをここで見てみましょう。

 

 

■正常なおりもの自体はほぼ無臭
おりものがあるのは膣内に常駐しているデーデルライン桿菌で、正体は乳酸菌です。
したがっておりものにはほとんどにおいはなく、あるとしても乳酸菌に似たもので、
臭いというよりはむしろ女性らしいいい匂いなのです。
ですから、このような場合、おりものは正常な状態と言えます。

 

 

■おりものが異常=異常な臭いの原因
ではおりものが異常な臭いを発するのはどうしてでしょうか。
それはおりものにあるデーデルライン桿菌が減少した場合で、
減少する原因はいくつかあります。
そのひとつは膣内に何らかの理由で雑菌が繁殖した時で、この臭いは雑菌の臭いです。

 

 

■膣の洗い過ぎは臭いを発生させる逆効果
膣内で雑菌が繁殖する原因には膣内に汗や垢が入り込むことです。
したがって、理論的には汗や垢が膣内に入りこまないように、清潔にすることです。
ところが問題は清潔にするために膣を洗い過ぎることです。

 

すなわち膣内を神経質なほど洗い過ぎると、雑菌は排除できますが、
同時に必要なデーデルライン桿菌も洗い流してしまうことになります。
つまり良かれと思うことが逆効果になるのです。
デーデルライン桿菌が流されてしまうと、膣内の自浄作用が低下して、
その結果雑菌が繁殖しておりもの嫌な臭いになってしまいます。

 

 

■おりものを流し去らないような洗い方と石鹸
実は膣内は弱酸性に保たれているのが正常な状態です。
これはおりものに含まれるデーデルライン桿菌が乳酸菌で、酸性だからです。
したがって膣を含めたデリケートゾーンを洗う際には石鹸類は使わないようにして、
ぬるま湯で刺激を与えないように洗わなければなりません。

 

また石鹸類を使う時は専用のものにすることが必要で、
この場合もデーデルライン桿菌を洗い流さないような注意が必要です。

おりものがピンク色だった際の原因

おりものの変質が何らかの異常を示している場合があります。
おりののの変質の中で目を向けるべきなのは、臭い、色合い、粘度、生成分量等です。
ここではその中の「色合い」をテーマにして話を進めます。

 

おりものが桃色になる理由

普通、おりものは無色透明か、乳白色です。
色が付くにしても、微妙に黄色がかる程度です。

 

ですから色合いの変動についても、それが黄色なのであれば
そこまで心配する必要はありません。

 

ただ、例えば桃色になったような場合では注意が必要です。

 

血が含まれているかもしれない

血が含まれるにしても、オリモノ自体の分量よりは少ないですから、
赤色と言うよりは桃色になる場合が大半です。

 

一例として、生理の終わり際のおりものには、血(経血)が混じる事も十分あり得ます。
ただ、生理が影響しておらず、膣内やその周辺にも傷が無いというのであれば、
事態を少々重く捉えて「何かの疾患ではないか」と疑ってみる必要があります。

 

桃色のおりものが出る場合がある疾患は?

子宮体がんや、子宮頸がんに陥っている可能性があります。
これらの疾患のケースでは、桃色になるだけでなく、
おりものの異臭が酷くなったり、発生分量が急激に増えたりする事もあります。

 

これらの異変が複数起きた場合は、即座に医療機関に出向きましょう。

 

また、がんにはなっていなくても、ポリープが要因の出血により、
おりものが桃色になってしまっている場合もあります。

 

一番よく見られるのは、子宮頚管ポリープです。
そして、実はこのポリープに関しては、発症の仕組みが明らかになっていません。
ただ、このポリープになると、おりものが桃色になるケースが多いのは確かです。

 

老化やストレスが要因というケースもある

説明してきたような重大な疾患でなくとも、おりものが桃色になる場合があります。
一例として、ストレスが蓄積し過ぎると血が出る場合がありますし、
老化が要因で「老人性膣炎(萎縮性膣炎)」に陥るケースもあります。

 

老人性膣炎が原因のおりものの生成

閉経後の女性が見舞われる疾患です。それほど重大なものではありませんが、
無視できるものでは当然ありません。

 

この疾患においても、おりものが桃色になるだけでなく、
おりものやデリケートゾーンから異臭がしたり、
あそこがかゆくなったりする場合が大半です。

 

重度のストレスが出血の要因になる事も

どの年代でも、重度のストレスは出血の要因になり得ます。
ストレスが要因で皮膚が荒れるなどして、
場合によっては皮膚から血が出る事もありますが、
このような事が婦人科系統器官で生じると、同様に血が出る場合があるのです。

 

そして、婦人科系統器官の問題も肌荒れも、
主にホルモンバランスの乱れによって発生します。

 

さらに言えば、子宮内膜に関する異変(剥離や繁殖)が直接的な要因となって、
婦人科系統器官の出血が生じます。

 

ストレスが溜まると、以上のようなもののみならず、
各種の生活習慣病を招いてしまう場合もあります。

 

ストレスが多いと感じている方は、適度に発散できるような工夫をして下さい。
下り物 臭い

更新履歴
このページの先頭へ